家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン




ラクガキすると、つい、ラムちvダーリンを描いちゃうんですよね〜。
上の絵は色鉛筆の一発描きなんで、デッサンとか気にしないで下さい(笑)。
あ、背景は一応パソコンで…。
最初、新婚さん≠ネ2人にしようと思っていたので、
ダーリンがネクタイしてるんですが、ラムちゃんをいつもの格好で
描きたくなって、その設定はやめました。

せっかくなので、絵に合わせた小話を書いてみました。

…あ、ソレっぽいのが嫌いな人は読まない方が…(汗)。

「199戦199連勝だっちゃ!」
「ぐぬぬぬぬ…。」

時計の針は夜の12時を過ぎ、諸星家の明かりがついているのはあたるの部屋のみとなっていた。
2人は夕食後から、ずっとオセロをやり続けているのだ。
何度やってもラムに勝てないのが悔しくて、
あたるは負けても負けてもラムに次の勝負を挑んだ。

「えぇーい!もう一回!勝負だっ!!」
「まだやるっちゃあ?!ダーリン、もう諦めて寝よ?」
目覚し時計を手にとって、あたるの顔に突きつけた。
「うるさい!夜はこれからだ!」
あたるは目の前の時計を払いのけ、綺麗に黒が占めた盤を乱暴にひっくり返すと、
「ほら、さっさと用意せんかいっ!」
と語気を荒げて自分のオセロを集める。
ラムは大きなあくびをしてから、のろのろとオセロを拾い始めた。

(ホント、負けず嫌いだっちゃね〜。)
ちらりとあたるの表情を見ると、何かぶつぶつ呟きながら
集めたオセロを自分の箱に収めている。
(…ま、そーゆートコロも好きなんだけどvv)

「…何、笑ってんだ、お前。」
自然と口元の緩んでしまったラムを見て、馬鹿にされたと勘違いしたらしい。
「次は絶対勝ってやるからなっ!」
「はいはい、勝ってもらうっちゃ。」
とその時、ラムはイイことをひらめいた。

「ダーリン!次の勝負でうちが勝ったら、200連勝だっちゃ!」
「何ぃ?!」
もう勝った気でいるのかと、あたるはラムを睨みつけた。
「うちが勝ったら、うちのお願い、1つきいて欲しいっちゃ!」
「お願い??」
「だっちゃ!」
にこにこと自分を見つめるラムに、あたるは嫌な予感がした。
「…断る!」
どうせロクなお願い≠ナはなかろう。
あたるはきっぱりと言い放った。
もちろん、ラムにはその返答は予測済みだ。
「ふー…ん。」
ラムは横目であたるを見た。



「ダーリン…勝つ自信、ないっちゃ?」



小馬鹿にするかのようなその物言いに、あたるはカチンときた。
「何だと?!」
「だーぁって、ダーリンが勝てば、何も問題ないことだっちゃ。
なのに断るってことは、ダーリンはうちに勝つ自信がないってことだっちゃ。」
くすくすと笑いながら話すラムに、あたるは完全に頭に血が上ったらしい。



「よーし、分かった!いいだろう、お前が勝ったら言うこときいてやるっ!」



あたるのその言葉に、ラムの目がキラーン☆と光ったのは、言うまでもない…。










「うちの勝ちだっちゃ〜vv」
「くぬぬぬぬぬぬ…。」
盤上のオセロは数えるまでもなく黒の方が多く、それはラムの勝利を示していた。
「いや、待て、ここの黒は…」
「往生際が悪いっちゃ。」
言いがかりをつけるあたるの前から盤を取り上げる。
「ちくしょう、あのとき、やっぱりあっちを先に攻めるべきだったか…。」
まだ諦めがつかないのか、あたるは先程の勝負を思い起こしている。
そんなあたるをじーっと見つめるラム。
「ダーリン。」
あたるはまだオセロのことを考えているらしく、返事をしない。
「ダーリンったら!」
「いてっ!」
ラムがあたるの顔をひっつかんで、自分の方へ強引に向けたのだ。
「いてーな、何だよ!」
「約束!」
「は??」
「うちが勝ったんだから、うちの言うこときくっちゃ!」
「何だ、そりゃ?!」
すっとぼけているのか、本当に忘れているのか、あたるは関心なさげに問い返す。
「うちが200連勝したら、うちのお願いを1つ聞くって約束したっちゃ!」
「うぎゃあっ!分かった、分かった!思い出した!」
ラムがあたるの耳を引っ張って、耳元で叫ぶので、あたるは慌ててそう答えた。
「わ〜い♪」
あたるの耳を離し、ラムはちょこんとあたるの前に座った。
「…で、何だよ。」
むすっとして聞くあたる。
「どーせ、デートしてとか浮気するなとか、そんなことだろう?」
聞き飽きたと言わんばかりに、あたるは大きな溜息をつく。
「違うっちゃ♪」
「じゃあ、なん…」
言いかけたあたるの首にラムが両腕を回し、そのまま口づけた。
突然のことに、あたるは目を大きく見開いたまま固まった。
あたるが何の抵抗も示さないのを良いことに、ラムは口づけを徐々に深くしていく。
口内にぬるりとしたものを感じると、あたるはようやく自分の置かれている状況を把握して、
ラムの肩をつかみ、その身体を引き剥がしにかかった。
「ば…っ、何の真似だ、お前は!」
「うちからダーリンにお・ね・が・いv」
「は?!」
ラムはあたるの耳元で一言、囁いた。



「じっとしててねv」



ラムは再びあたるに抱きつくと、首筋に吸い付いた。
片手で器用にあたるの服のボタンを外していく。
「…おいっ!ラム、ちょっと待…っ!」
ラムの手があたるの服の下に侵入し、その指先が素肌の上を這いまわる。
体の内側からざわざわと湧き上がってくる感覚が、力を徐々に奪っていく。
「ラム、よせって…っ」
飛びそうになる理性にすがりながらラムに言うが、
ラムはうっとりとした表情で行為を続ける。
「やめ…」
あたるの上体を支えていた右腕がかくりと力なく折れて、
二人は重なったままじゅうたんの上に倒れこんだ。








閉じた瞼の裏側にまであかるい日差しが差し込む。
すずめのさえずりが、朝が来たことを告げる。
「あたるー、ラムちゃーん、早く起きなさーい!」
「はーい、今、支度するっちゃー!」
「ん…」
あたるがゆっくり目を開けると、制服姿のラムが部屋のカーテンを開けているところだった。
「まぶし…。」
急に飛び込んできた朝の光に目を細める。
「あ、ダーリン、おはようっちゃ♪いい天気だっちゃよ。」
いつもと変わらないラム。
いつもと変わらない朝の光。
あたるは重い体をようやく起こし、背伸びをした。
そして支度をしようとパジャマのボタンに手をかける。
ふと、ラムがにこにこしてこちらを見ているのに気づいた。
「何だよ?」
「ダーリン。」
「?」
「またオセロやるっちゃv」
「はい??」
「じゃ、うち先に下に行ってるっちゃ!」
ラムは軽やかに舞って、あたるの部屋を後にした。
「朝っぱらから元気なやっちゃ…。」
壁にかけてあった制服を取り、パジャマを脱いで床に落とすと、
目に入ってきたのは身体のあちこちにつけられた朱い跡。
昨夜のことを一気に思い出し、続けてさっきのラムの言葉が頭の中で繰り返された。



「ダーリン、またオセロやるっちゃ!」



「〜〜〜二度とやるもんかーーーっ!!」
あたるは1人、真っ赤な顔で叫んで、白いワイシャツで朱い跡を覆い隠すのだった。


(終)

          
戻る