家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
楽天市場




ももろんさんが下さったお手紙に描かれていたあたる君v
着替え中なんですよっ!お・き・が・えvv
 ぎゃあぁぁぁぁーーーーーーっ(>_<) ←落ち着きなさい
文字など勝手に入れて加工してしまいました。
更に勝手に妄想が暴走してしまい、小話など浮かんでしまいました(爆)
ももろんさんありがとうっ!(鼻血を拭きつつ)



真っ青な空を背に、ラムが緩やかに飛んでいた。
柔らかな日差しに自然と表情がほころぶ。
少々(?)音程の外れた鼻歌を歌いながら、ご機嫌な様子で向かうは大好きなあの人の部屋。
「ダーリン、いるかな〜v」

諸星家が見えてきた。
ゆっくりと高度を下げて、2階のあたるの部屋のベランダへ向かう。
だんだんと近づくにつれて、あたるの部屋の中の様子が分かるようになる。

「あ…っ」
一言小声を発して、ラムは空中で立ち止まった。
部屋の中では、ちょうどあたるが着替えをしているところだった。

一緒に暮らしているのだから、あたるがラムの目の前で着替えることなど珍しくはない。
なのに何故か、偶然目に入ってきたその光景にラムの鼓動は速まった。
一旦引き返そうかという考えがラムの頭の中をよぎる。
だけれど足が動かない。
視線を逸らすことができない。
前に進むことも戻ることもできず、ラムはその場で立ち尽くした。




あたるは授業が終わってすぐに教室を飛び出し、ガールハントへ繰り出した。
うるさいラムの奴はまんまと巻いてやった。
そして一通りガールハントコースを回り終えたところで、一旦休憩しようと家へ帰ってきたのだ。

「ちっ、制服のまんまだと動きにくいなぁ。着替えてから出掛けるか。」
ジュースを飲み干してから、2階の部屋へ上がる。
そっと戸を開けて部屋の中の様子を窺う。
誰もいない。
「ラムはまだ帰ってないようだな。よしよし…♪」
いたらくっついてきて、ガールハントの邪魔をされてしまう。
今のうちにさっさと第二ラウンドへ…♪

制服の白いワイシャツのボタンに手をかけると、上から順に外していった。
ここのところ暑い日が続いていたので、ワイシャツの下には何も着ていない。
ボタンを全て外し終えて肩を外気に晒すと、
服の下に篭っていた熱が取り払われて、一瞬だけひやりとした。
気持ちが良かったので、あたるはそこで少し動きを止めた。




ラムは黙って、あたるの様子を見つめていた。
     ダーリンが着替えるのなんて、珍しくもないのに。
でも…。
こんな風に見るのは初めてだった。

改めて見るあたるの身体は、自分とは全然違う。
特にスポーツなどやっている訳でもないのに、
無駄な脂肪がついていることもなく、かといって酷く痩せこけていることもない。
うつむき加減の顎から視線を落としていくと、女にはない突起が喉元に浮かんでいる。
首筋から目を滑らせると視界に入るのは、涼しげな鎖骨の窪み。
自分より日焼けした肌の色。
自分より少し広い肩。
思ったより広そうな胸に、今すぐ飛び込みたい衝動に駆られる。




あたるが、止めていた動きを再開した。
ワイシャツを畳の上に落とし、ベルトに手をかける。
その時ふと、強い視線を感じて顔を上げた。
立ち止まったまま、顔だけをベランダの方へ向ける。
「あ、ラム。」

ガラスを透して見えるのは少し離れて宙に浮かぶラムの姿。
髪の碧が空の青に溶け込んで輝いて見える。
あたるはそのまぶしさに目を細めながらベランダに近づき、ガラス戸を開けた。
「ラム、何やってんだ?」

あたるの呼びかけにラムは反応をしない。
ただただふんわりと宙に浮かんでいるばかり。
それでも視線は確かに自分の方を向いている。
もう一度声を大きくして名前を呼んだ。
「ラム!聞いとるのか?!」
「…っちゃっ?!」

やっとあたるの声が耳に届いたのか、ラムはびくっと肩を震わせた。
奇妙な叫び声を上げて、驚きに傾きかけた自分の体の向きを直す。
「ダ、ダーリンッ!」
「そんな所で何しとんじゃ、お前。」
「な、何って、え?!うちは、別に、…その…、」
「何だよ。どもっちゃって。」
「ど、ど、どもっ、なんかないっちゃ!」
「それがどもっとるっちゅーんじゃ。」
あたるが白い目でラムを見つめる。
これ以上しゃべっても自分の立場がますます悪くなりそうで、ラムは言葉をつなげられない。
あたるの冷めた視線が、自分の心の奥を見透かしているような気がして痛かった。
「何なんだ、一体。」
「…何でもないっちゃ。」
少し落ち着いてきて、よかった、今度は普通に言えた、と思いきや。




「じゃあ、その顔は何だよ。」
「え?」
「鏡でも見てこいよ。…お前、顔が真っ赤じゃん。」
「…!!」



(終)


戻る