家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン



2012年のバレンタイン絵です。
久しぶりに、短い文も書きました。





「くそっ、今日は最悪の日だ。」

あたるは、頬に平手打ちの跡を付けてぶつぶつ呟きながら、街路樹の並ぶ通りを1人歩いていた。

「今日はバレンタインデーだとゆーのに、まだチョコを1つももらってないし。」

しのぶも蘭ちゃんも竜ちゃんもサクラさんも誰もくれなかった。
クラスの女子に声をかけたが全滅だった。

「義理チョコくらいくれてもいいじゃないか。」

わずかな望みをかけて、町でガールハント並びにチョコハントに励んでみたが、当然戦果は無し。

「くそっ、ガールハントの帝王の名がすたるぜ。」

このまま家に帰ったら今日という一日が終わってしまいそうで、おのずと遠回りしてしまう。

「一個ぐらい…。」

何故だ。
今日一日一緒の教室にいて、何故あいつは何もよこさんのだ。

あいつの辛い料理をいつも拒否するからか。
そんなの当たり前だ。俺は命が惜しい。
俺が請求しなかったからか。
そんな恥ずかしい真似をこの俺ができるか。
しのぶや竜ちゃんに声をかけたときは怒ったくせに、肝心なことを何故言わなかった。

「…あ、まさか家で何かしでかすつもりか。」

以前、バレンタインデーの翌朝、目覚めたら部屋に大量のチョコがあって、びっくりしたことがあった。
そんな余計なことせんでも、みんなの前で堂々と渡してほしい。
面堂をはじめとする男どもの悔しがる顔を、俺は見たいのだ。

「…ラムのあほ。」


「ダーリン、来たっちゃ…!」

大きな街路樹の影に身を隠して、ラムは向こうから歩いてくるあたるを見ていた。
手にはきれいにラッピングされた四角い包みを持っている。

「みんなの前で渡すとダーリンが恥ずかしがって受け取ってくれないかもしれないから、」

しのぶの読んでいた雑誌を借りて作戦を立てた。
どんな風に渡したらダーリンが素直にチョコレートを受け取ってくれるか。
放課後、2人きり、外、…。

「ん? ダーリンったらまたガールハントしてたっちゃね…!」

徐々に近づいてくるあたるの顔に平手の跡が見えた。
ラムの角の先にバチッと電気の火花が飛び散る。

「お、落ち着くっちゃ…。ここで怒ったら台無しだっちゃ。」

自分に言い聞かせて、怒りと電撃を抑えた。

「ダーリン、今年こそ受け取ってくれるっちゃ。」

頬が赤くなるのは、きっと寒さのせいだけじゃない。

「もう少し、あと少し…。」

今すぐここから飛び出して、抱きつきたい気持ちを我慢して、あたるがすぐ側まで歩いてくるのを待つ。


今年のバレンタイデーまで、あと5秒。