FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

とあるデパート。
制服姿の2人。
鞄も持っているので、どうやら学校帰りらしい。

「あ、ねぇダーリン、この服どうだっちゃ?似合うけ?」
肩に洋服をあてて、あたるの方を振り返った。
随分ご機嫌の様子。
今日は珍しく2人一緒に学校を出て、面倒くさそうなあたるをひっぱって連れてきたのだ。
いわゆる「放課後デート」ってなもんである。
超能力でなくとも、うきうきした気分で足が地に着かない。
「ん〜、い〜んじゃねーの。」
対するあたるの返事はつれない。
辺りをきょろきょろ見回して、ターゲットにする美女を物色している。
「じゃあ、こっちはどう?ね?」
あたるの態度を気にも留めず、相変わらずにこにこして、あくまでマイペースで聞いてくる。
「何でも似合うんじゃないか?」
違う方向を見ながらあたるが答える。
つまりは「何でもいい。」ってことだ。
「もぉ、ダーリン、ちゃんと見てる?」
ぷぅっと頬を膨らませて怒っている真似をしながら、
あたるの制服の袖をくいっと引っ張る。
「次は4階に行って靴を見たいっちゃ!ダーリン、エレベーターに乗ろっ!」
あたるの腕をぐいぐいと引っ張って連れて行く。
「いてて。引っ張るのやめーいっ!」

ボタンを押してエレベーターを待つ。
ここのエレベーターは2階の奥の方に設置されていて、ちょうど商品の陰になりあまり人目につかない。
そのせいで使う客が少ないため、楽に乗り込むことができる。
ラムはウィンドーショッピングで、あたるはガールハントで、このデパートをよく訪れるので、
この穴場も知っていた。
ランプが点灯し、エレベーターが到着した。
扉が機械音をたてて左右に開かれる。
何とはなしに乗り込もうとした2人は、突如眼前に現れた光景に固まった。
派手な装いのアベックが、身体をぴったりと密着させてしっかと抱き合い、
おまけに熱い口づけを交わしているではないか。
ようやくエレベーターの扉が開いていることに気づいたアベックが、
身体を離し、お互いの手をお互いの腰に回した体勢になって、商品の向こうへ消えていった。
残された2人は気まずそうにエレベーターに乗った。

狭い密室の中、2人きりだった。
さっきまで浮かれていたラムも一言もしゃべらない。
あたるはラムの右側に立ち、左手には鞄、右手はポケットに入れて、
エレベーターの壁にもたれている。
視線は上部の階数表示に固定され、ラムの方を見ようとしない。
ラムが重い沈黙を破ろうと試みる。
「夏に向けて、明るい色のサンダルが欲しいっちゃ!」
あたるに話し掛ける。
声が上ずっているのが明らかに分かり、その言葉を聞いたあたるがぷっと吹き出した。
そして一言。
「…すごいモン見ちゃったなぁ。」
ぎくり。
ラムの顔が赤らんだ。
「あ、あははは…。仲良さげで羨ましいっちゃ!」

本当に、そう思ったのだ。
自分とあたるでは絶対無理。
ダーリンは人前でべたべたするの嫌がるもん。
いや、2人きりでも嫌がるか。
あ〜あ。
たまにはあ〜ゆ〜ことしてみたいっちゃー…。

鞄を持つ手にきゅっと力が入る。

うちもダーリンと…。

エレベーターが4階に到着し、扉が開き始めた。
ラムが一歩足を踏み出そうとしたその時。
ぐいっと肩を引き寄せられ、身体がエレベーターボックスの中に強引に引き戻された。
「っちゃ?!」
急なことでバランスを崩したラムの身体を、あたるが左腕で支える。
右掌で「閉」ボタンを覆い、その身を屈ませると、
ラムの唇に自分のそれを重ねた。
4階のエレベーター乗り場で待っていた客が、
目を丸くして2人が抱き合っている光景を目撃したのはほんの1、2秒だけ。
開きかけた扉はすぐに閉じられ、エレベーターは再び上昇を始めた。

またもや狭い密室の中の2人。
あたるは、エレベーターが上昇を始めると同時にくちびるを離した。
ラムは絶対的に予想してなかった事態に、今度こそしゃべることができなかった。

さっきのは夢だっちゃ?
ダーリンがうちにキスしてくれたなんて。

今度はあたるから沈黙を破った。
「俺、本屋に行くわ。」
その言葉と同時に、再びエレベーターの扉が開き、
あたるは5階の売り場へ駆け出した。

「あ、ダーリンッ、待っ…。」
言いかけたラムの目に映ったのは、
僅かに見えた赤く染まったあたるの頬と広い背中。
追いかけようとしたラムの目の前で扉がすっと閉まり、エレベーターが動き始めた。

1人残されたエレベーターの中、
両腕でぎゅっと鞄を抱きしめ、幸せに蕩けそうな表情のラム。
自然とこぼれてくる笑みをかみしめながら、
5階の停止ボタンを僅かに震える人差し指で押した。


(終り)


軽めの話を書いてみたくなりました。
てへv

この話は、「りぼん」で連載中の「グッドモーニング・コール」の真似っこです!
是非、元の漫画も読んでみてください。
上原君が格好良くって、ダーリンにおんなじコトしてして欲しくなっちゃったのだ〜o(>_<)o


戻る