FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS


ガールントしにデパートに飛び込んだダーリンを追って、
さっきから店内を飛び回っているけど…

「一体どこに行ったっちゃーーーーっ!!」

向こうのゲーセンにはいなかったし、
レストラン街のテーブルは隈なく探したけど見当たらなかった。
東館のファッション街の綺麗な店員さんにも聞いてみたけど、
ダーリンらしき人物は来なかったって言ってた。
2階の喫茶店、本屋、果ては下着売り場まで、
ダーリンが女の子を追っかけてそうな売り場や、
美人の店員さんがいるお店(この間没収した手帳にリストアップされてたっちゃ)、
ずぇーーんぶ探したのに見つからない。

「もしかしてもうこのデパートから出て行ったのかなぁ。」

もう、たまにはうちと放課後デートしてくれたって、罰は当たらないっちゃよ。

「あーあ…。」

1人で当てもなくぽてぽてと歩く。
つまんない。
こんなトコ、1人で見てたって…。

ふと辺りを見回すと、ジュエリーのコーナーに来ていた。
ネックレスやらピアスやら、そして憧れのリングまで、目移りするものばかり。
眩いばかりの輝き。

「地球産の石もなかなかキレイだっちゃね〜v」

真っ先に目に留まったのは「エンゲージ・リング」。

「ダイヤモンド…透明できれいだっちゃ。ふふふv」

ショーケースに顔を近づけてリングを見ていると、勝手に頬が緩んでしまう。
真っ白のホワイトチャペル、真っ白のウェディングドレス、真っ赤なじゅうたんのバージンロード。
ステンドグラスから差し込むきらきらとした光を浴びて、そっと顔を上げると、
その視線先には       、

「ダーリン…v」
「何だよ?」
「っちゃああっ???!!」
「うわっ、何もそんなにそんな大げさに驚くことなかろーが!?」
「ダーリンが急に現れるからだっちゃ。」
「人をバケモノみたいに言うな!」
「だってずーっと探してたのに、全然見つからないんだもん。」

あんなに見つからなかったのに、探してないと現れるなんて、何だかヘンなの。

「ねぇ、ダーリン。」
「何だよ。」
「指輪、欲しいっちゃ。」
「はぁ?!」
「そう言えば、うちはダーリンにタイガースターのペアリングをあげたのに、
ダーリンは何にもプレゼントしてくれてないっちゃ。」
「あれはお前が無理やりよこしたんじゃ、あほ。」
「しっつれいだっちゃねー!あの指輪、ちゃんと持ってるのけ?」
「知らん。忘れた。」

そう言って横を向くダーリン。
ふーんだ、うち、ちゃんと見つけたんだから。
この間ダーリンの机の中をお掃除してたら、一番下の引出しの奥の方から、
何重にも重ねたティッシュペーパーに包まれたタイガースター。
箱は無くしちゃったらしいけど、でもちゃんと大切にしまっておいてくれてたんだっちゃね。

「ちょっと言ってみただけだっちゃ。
指輪なんて高いもの、買ってもらうつもりはないっちゃ。」
「当たり前じゃ。」

あんなン十万もする物をダーリンに買ってもらおうなんて、天地がひっくり返っても無理だっちゃ。
ま、何年か後に…

「…お前、さっきから1人でへらへらしてて気味悪いぞ。」
「っちゃ?!」

うそっ?! 顔に出てた?!

「あ、あははははは…。」
「……。」

焦ってダーリンから顔を逸らす。
すると目に飛び込んできたのは、

「“このケースの中の商品全品五千円”!!」

わ、安い☆ミ
思わず声に出してポップを読んじゃった!
さすがにダイヤモンドリングはないけど、あーでも結構これでもいいかも…。

「ごせんえん、かぁ。」
「俺はビタ一文出さんからな。」
「わ、分かってるっちゃ。」

ン十万も五千円も、別に期待してないっちゃ。
別に買ってもらおうなんて…。

「あ、そうだっちゃ!」
「ん?!」

うちはダーリンと違ってお小遣いを使い果たしたりしてないから      
自分の財布を見てみる。
千円札が2枚と小銭、そしてそして五千円札が1枚。
うちは五千円札と千円札1枚を財布から取り出す。
そして、

「はい、ダーリン。」
「ん?!」

ダーリンに渡した。

別にダーリンにお金を出してもらわなくても、要は気分が味わえるなら、いいっちゃ♪

「何だよ。くれるのか?!」

早速自分の懐にしまいこもうとするダーリンを慌てて止める。

「違うっちゃ、もう!
ね、ね、ダーリン、うちのお金でいいから、この五千円のやつ、どれか1個買って!」
「はぁ?!」
「うちの代わりにそのお金をレジで払ってくれれば、
ダーリンにプレゼントしてもらった気分を味わえるっちゃ♪」
「な…っ?!」
「別におごってっていうんじゃないんだから、いいっちゃ。」

ナイスアイデア★
これくらいのことならしてくれるっちゃ?
ただレジでうちの代わりにお金を渡すだけのこと。

「…あのなぁ…。」

浮かれていたうちの耳に入ってきたのは、予想外に低いトーンの声。
あれ?
ダーリン…?

「ダーリン…怒ってる…っちゃ…?」

さっきまでとうってかわって不機嫌そうなダーリンの表情に、
浮かれ気分は吹っ飛んでしまった。

「返す。」

ダーリンが六千円をうちの手に押し付けるので、慌てて受け取った。
それからダーリンはうちに背を向けてすたすたと歩き出してしまう。

「ダ、ダーリン、待ってっちゃ!」

そんなに怒ることだっちゃ?!
別におごってっていうんじゃないのに。
ただそれだけのことも面倒だとか言うっちゃ?

慌てて、だけどちょっと離れて、ダーリンの跡をついて行く。
ダーリンは黙ったまま、同じ速度で歩いていく。
どこに行くつもりだっちゃ?

しばらくしてダーリンが足を止めたのは、雑貨屋さんだった。
女の子向けのバッグとか帽子とか小物とか腕時計とか、いろんなものが所狭しと並んでいる。
ダーリンはその店のひとつの棚を上から下まで一通り眺めると、
その中の売り物を1つ、手にとってレジに向かう。
すぐにお店から出てきたダーリンが、

「ほれ。」

と、適当な小袋に入れられただけのそれを、うちに放り投げてよこした。

「っちゃ?!」

落としそうになりながらも一応キャッチ。

「ダーリン、これ…。」
「525円。」
「え?」
「俺様におごってもらえるだけでもありがたいと思え。」
「おごって…って、え?」

ダーリンは何も言わずにまた違う方向に歩き出してしまう。
追いかけようとしたけど、その前に     

「…わ…ぁ」

小袋を開けると、それは小さな石のイヤリング。
光が当たっても全然反射しない、明らかな作り物の。
ただのガラス球だというのが宇宙人のうちにも分かった。

イヤリングのタグに\500のシールもついたまま。
キレイな包装紙やリボンもなし。
ましてやとろけるような甘い言葉ひとつない。
それでも。

うちはダーリンからのプレゼントをぎゅっと握り締めて、超スピードでダーリンを追った。
数百メートル行ったところでダーリンを発見!

「ダーーリーン!」


ありがとv
だっちゃvv





(終)

ん〜甘いデスネvv


戻る