FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

今日は高2のクラスの同窓会だった。

友引高校を卒業してからも頻繁に会う人たちもいれば、
全く会わなくなっていた人たちもいて、
会は大いに盛り上がった。

ダーリンは特におおはしゃぎで、
メガネさんや終太郎と張り合ってビールを何杯も一気飲みして、
その後も日本酒やら焼酎やらをガブ飲みした。
悪酔いするからやめた方がいいって、うちは何度も言ったのに。
会がお開きになる頃には、ダーリンは立っているのがやっとの状態。
それでも元学級委員として会を締めて、みんなと別れた。

「も〜ダーリン、ちゃんと歩いてっ。」
「あー…??」
ベロンベロンに酔っ払って足元がおぼつかないダーリンを無理やり引っ張って駅へ向かおうとしている、
けど     
「あーっダーリン、そこ、あぶな…っもぉぉーーっ!」
「ってぇ〜…んだよっこれ!」
ふらついた拍子に電柱にぶつかり、派手にすっ転んだ。
もぉ情けないっちゃーー(泣)。
うちはため息をつきながら再びダーリンの腕を引っ張った。
「ほら、ダーリン、お願いだからちゃんと歩いてほしいっちゃ。」

ここは繁華街の中央通りで、真夜中でも人がいっぱい。
通り過ぎる人たちが気の毒そうにうちらをちらちらと見て行く。
は、恥かしいっちゃ…(泣)。
何とかダーリンを引っ張り上げて立たせると、そのままダーリンの腕を自分の肩にかけて、
大荷物でも担ぐかのような体勢で再び駅を目指そうとした。
とにかく早くこの場から逃げたいという一心だった。

その時。
「…ラムー…。」
肩の向こうからダーリンの呼ぶ声がした。
「何、ダーリン?」
額から汗をこぼしながら振り向いた。
「ラム…俺………、」
「え…?」
振り向くと、そのままダーリンの両腕がうちの背中に回され、
うちはダーリンに抱きしめられる格好になった。
更にダーリンはうちの右肩に顔を埋めて身体を密着させる。
「ダ、ダーリン、いきなりこんな…っ」
「ラム…俺…もう我慢できん…。」
が、我慢?!
そんな、こんな繁華街のど真ん中でいきなりそんなこと言われてもっっ/////
「ダ、ダーリン、落ち着くっちゃ!みんな見てるっちゃ!」

さきまでの気の毒な視線とはうって変った、驚きと卑猥の視線を浴びて、
うちの頭の中はもう恥かしいなんて通り越していた。
心臓がバクバクいってる。
以前のうちなら喜んで抱き返しただろうけど、地球に住んで数年が経ち、
さすがにそんな行動はとらなくなっていた。

「ラム…。」
耳元でうちの名を呼ぶその声に、身体が反応する。
「ダーリン…。」
無意識のうちにダーリンの背に自分の腕を回して答えた。
そして次のダーリンの言葉を待つ。



「俺、もう…、」

もう…何?

「吐きそう…。」



ダーリンのその言葉を聞いた瞬間、酔いしれていたうちの頭は一気に覚めた。
「ダーリン、ちょっと、やだっ!このままで吐くんじゃないっちゃっっっ!!」
「でも、もう我慢できねー…。」
ますますうちに体重を預けてくる。
お、重いっちゃあぁぁぁぁっ!

何とかしなくちゃ!
いくら愛するダーリンのでも、ゲ●まみれになんかなりたくない。
冗談じゃないっちゃ!
何か、何か     
「あっ、あそこ、あそこに入るっちゃ、ダーリン!」
周囲を必死に見回して発見したのは、横道に入ってすぐの辺りに光る看板、
「ご休憩」の3文字。
うちはダーリンの身体を自分の身体からひっぺがした。
「ほら、ダーリン、あそこに入って休憩しよっ!
お手洗いを借りてそこで思う存分吐けばいいっちゃ!」
うちはまたもやダーリンを引きずって、光る看板目指して一直線に突き進んだ。

信号を渡って横道に入り、その建物の前に立って、
うちはそれが何であるのかやっと気づいた。
「ラ、ラブホテル…(汗)。」
ちょっと冷静に考えれば分かるのに、「ご休憩」の意味くらい。
「どーしよう…。」
うちの肩に担がれたダーリンの顔を見る。
ダーリンは青い顔をして辛そうに呼吸するばかり。
…本当に今にも吐きそう…(泣)。
「もうっっっ、こーなったらどこでもいいっちゃ!」
うちは意を決して足を進め、適当に部屋を選んでダーリンを連れ込んだ。

ドアを開けるとそこはまるで別世界。
ピンクの布とピンクのライトに目がチカチカする。
見慣れない大きなまあるいベッドに一瞬足がすくんだが、そんなことを気にしている余裕はない。
「ダーリン、もうちょっと我慢するっちゃよ!」
「うー……。」
ダーリンは手で口を抑え、何とか堪えている。
「トイレ、トイレはどこだっちゃ?…あったーーっ!」
金色の重そうなドアを勢いよく開け、
危険な唸り声を発するダーリンを力任せにトイレの便器に向かって投げつけた。
そして慌ててドアを閉める。
「ふぅ〜。」
ドアに背中でもたれかかり、緊張が解けたうちはそのままずるずると床に座りこんだ。
ドアの向こうからはイヤな感じの音や声。
あーーーもーーーーぅぅぅっ(大泣)。

少しして音も声もしなくなった。
「ダーリン??もう大丈夫??」
ドアをコンコンとノックして様子をうかがう。
「ダーリン、開けるっちゃよ?」
本当は開けたくなかったが放っておくこともできないので、仕方なくドアを開けた。
するとダーリンは、洋式トイレの便器に顔を突っ込んだ状態。
ぴくりとも動かない。
「ダ、ダーリン、しっかりするっちゃ!!」
鼻をつまみながらダーリンの身体を揺する。
「うー…ん…。」
「ダーリン、気がついたっちゃ?大丈夫け?!」
ダーリンがうっすらと目を開けた。
うちはほっとして、ダーリンの頭を自分の膝の上に載せる。
「ラム…。」
「もう気持ち悪くないっちゃ?」
ダーリンの頭をそっと撫でながら問い掛けた。
「ん…大分すっきりした…かな…。」
そう言った後、ダーリンがゆっくり身体を起こした。
「家に着いたのか…??」
「ううん、違うっちゃ。あ、ダーリン、あっちで横になるといいっちゃ。」
ダーリンの背中を少し押すと、ダーリンはよろめきながらも自力で立ち上がる。
壁づたいに歩くダーリンを軽く支えて、柔らかそうなベッドへと向かう。
ベッドにたどり着くと、ダーリンはどさっと重い身体を投げ出した。

「あ〜気持ち悪かった〜…。」
ころんと仰向けになって、目を閉じるダーリン。
「もうどうなることかと思ったっちゃよ。」
ダーリンの側にうちも腰を下ろした。
「少し休んだら家に帰ろ、ダーリン。」
再びダーリンの頭をそっと撫でた。
「あぁ。」
返事をして、ダーリンがまた目を開けた。
「ところでここはどこだ?さきからやけに眩しいんだが…。」
ダーリンは仰向けになったまま、ゆっくりと顔を横に向けて現在の状況を把握しようとする。
「あーあーあーーっ!ダ、ダーリンは何も気にしなくていいっちゃ!
ほら、しっかり休憩するっちゃ!時間がなくなってしまうっちゃ!」
ここがどこか知られたくなくて、うちは慌ててダーリンの顔面を枕で覆い隠した。
「ぶほっ、げほっ!やめんかいっ!」
大分意識がはっきりしてきたらしく、ダーリンが枕を払いのける。
「いきなり何の真似だ!ったく、時間がなんだって      、」
起き上がってどなりつけようとしたダーリンは、一気に目に飛び込んできた光景に言葉が繋がらない。
「ここ…って…。」
「あ、えーーっと…ダーリン…?」
ベッドの上で上半身を起こしたまま、ダーリンが辺りをぐるりと見回した。
「おい、ここ…まさか…。」
「だ、だってダーリンがっ、ダーリンが吐きそうってゆーから、し、仕方なく入ったっちゃっ!
別にそんなつもりで入ったんじゃないっちゃ!誤解だっちゃーーっ!」
鏡を見なくても自分の顔が真っ赤に染まっているのが分かる。
きっと“ゆでだこ”だ。
ダーリンにヘンに思われるのが嫌で、うちは全身で思いっきり「否定」をした。
それなのにダーリンはジト目でうちを見る。
「ふ〜ん…仕方なく、ねぇ…。」
「何だっちゃ、その目はーーっ!ダ、ダーリンはうちがわざとこんな所に入ったと…」
両手をぶんぶんと振って否定を繰り返す。
そしてダーリンが、
「…ふははははは!すげー顔!」
急に腹を抱えて笑い出した。
「ダ、ダーリン…/////」
振り回していた両腕をのろのろと布団の上に下ろした。
「後、何分だよ?」
「え?!」
「だから、時間。後どれくらい“休憩”できるんだ?」
「あ、えと…多分まだ30分くらいしか経ってないっちゃ。」
「ふーん、んじゃ少し寝るわ。時間が来たら起こせよ。」
「わ、分かったっちゃ。」
ダーリンはまた柔らかい布団の上に横たわった。

からかわれたのだとようやく気づいて、うちは拍子抜けして大きく息を吐いた。
「もう、今夜は散々だったっちゃ…。」
1人呟いた。
すると、
「ラム。」
ダーリンの声。
「何、ダーリン?」
振り向きもせず聞くと、
「サンキュー。」
というあまぁい声と、優しくうちの手を握るダーリンの手の感触。
「ダーリン…。」
つい嬉しくて振り向くと、聞こえるのはもう安らかな寝息だけ。
それでも手はそっと握ったまま。
「散々…でもないっちゃv」

気持ちよさそうに眠るダーリンの寝顔を眺めながら、
ベッドの横に備え付けられている目覚ましコールのスイッチを入れて、
うちもダーリンの隣に横になった。


目を閉じても瞼の奥に差し込んでくる淡いピンク色のライトが、何だか幸せに思えた夜。




(終)


ももろんさんのHP「At him!」30000ヒットのお祝いに書いたお話。
ももろんさんの描かれた素敵だーりんvラムちイラストから妄想して作りました。
とってもラブなうっとり絵なのです〜…/////



戻る