FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 『素直な気持ち』


鬼ごっこが終わった夜、俺は1人で2階の部屋にいた。
押入れは壊れているので、ラムとジャリテンはUFOへ帰っている。
何もする気が起きなかったので、俺は早々に寝る事にした。


体は疲労のピークに達していたはずなのだが、なぜか眠れない。
部屋の電気は消していたが、外から青白い光が差し込んでくる。
俺は窓を開けて夜空を眺めた。
「そうか、今日は満月か。」
月は頭上までのぼっていた。もう、真夜中のようだ。


窓の外を眺めながら、俺はここ2週間に起こった出来事を思い起こしていた。

・・・色々あったよな・・・

誘拐、救出、すれ違い、そして、鬼ごっこ。
俺とラムとの意地のぶつかり合いは、真っ赤な夕焼けの中で終わりを迎えた。
あの時、俺はラムの肩に顔を埋め、不覚にも涙を流してしまった。
ラムの前で、あんなに素直な自分の感情をさらけ出したのは、初めてじゃないだろうか?
結局、「好きだ。」とは言わずじまいだったが・・・
「言ってるも同然か・・・、ハハハッ」
我ながら自分の意地っ張りぶりに呆れて、思わず苦笑してしまった。

もちろん、「好きだ。」と言わなかった事に後悔はない。
俺にとってかけがえのない存在であるラムに、安易な言葉は絶対言いたくない。
いくら周りの連中に非難されようが、今後もこの考えは変わらないだろう。

・・・でも、たまには・・・な・・・

こんな俺でも、たまには素直に自分の気持ちを伝えたい事はある。
今日の俺は正にそうだった。


・・・色々考えていたら、急にラムの顔が見たくなった。
いつも俺のそばにいるラムがいなくて、寂しかったのかもしれない。

「ラムの顔が見たい?俺らしくもねえ!だいたい明日の朝になれば会えるではないか!
 今日の俺はどうかしてるぞ!!」
独り言で否定しようとすればする程、その思いは募っていく。

・・・ラム・・・

     *     *     *

「何してるっちゃ?」
「うわっ!!」
突然、目の前に逆さまなラムの顔が現れた。

「・・・ラ、ラム・・・、どうしたんだよ、こんな夜中に・・・」
考えていた内容が内容なだけに、動揺が隠せない。

「んー、何か眠れなくて・・・、それにダーリンと離れてるのは寂しかったっちゃ、ウフッv」
ラムは俺に抱きついてきた。

「こ、こらっ!!そんな恥ずかしいまねをするなっ!!」
何でラムは照れもせずに、こんな行動がとれるのだろうか?
本当、自分の気持ちに素直な奴だ。
今日の俺はそんなラムを羨ましく感じていた。

「何で?誰も見てないんだから、恥ずかしがる事ないっちゃよv」
ラムは全然離れようとしない。俺も言葉とは裏腹に抵抗しなかった。

「で、ダーリンは何してたっちゃ?」
抱きついたまま、ラムはマジマジと俺の顔を見つめている。
「か、考え事だよ、考え事!!」
「何をだっちゃ?」
神秘的な青い瞳が、まるで俺の心の中を見透かしているような気がした。

俺は思わず目線を逸らした。
「な、何だっていいだろ!?」
「あー!!もしかしてダーリン、うちの事考えてくれてたっちゃ!?」
ラムの顔には満面の笑みが浮かんでいる。

「うっ・・・」
いつもの俺なら、ここで軽口を叩いて済ます事ができただろう。
だが、図星を突かれた俺は、冷静に対処できなかった。
「ア、アホかっ!!誰がおまえの事なんかっ!!」
あわててラムから離れ、背を向けた。

そしてムキになった俺は、つい心にも無い事を言ってしまった。
「だいたいなあ、今日でおまえの事を忘れられると思ってサッパリしとったのに、
 結局戻ってきおってっ!!鬱陶しいんだよなっ!!」
・・・しまったっ!!言い過ぎたっ!!

我に返った俺は、怒り心頭であろうラムの方を恐る恐る振り返った。
ところが・・・

「・・・今の言葉・・・、本当だっちゃ?・・・・・・」
とても悲しそうに俺を見つめるラムの目には、みるみる涙が溢れてきた。
「えっ・・・!?」
「あの時・・・、鬼ごっこが終わった時・・・・・・、
 うちとダーリンの心は・・・、1つになったと思ってたのに・・・・・・(泣)」
ラムは俯き、肩を震わせて泣いている。白い太腿の上に涙がこぼれ落ちた。

予想外の反応に、俺の動揺はさらに激しくなった。
「・・・いや・・・その・・・」
ラムに泣かれる・・・・・・、俺にとって、これ程辛い事はない。

・・・どうする?・・・どうする??・・・どうする???
・・・本当の事を言うしかないのか・・・・・・?
・・・・・・・・・えーい!!もうヤケじゃ!!

「嘘に決まってんだろっ!!
 ・・・お、俺が・・・・・・、俺が考えていた事は・・・・・・、おまえの事だよっ!!」
「・・・えっ!?」
俺がこんな事を言うとは思ってなかったのだろう。
ラムはあっけにとられた顔で、こちらを見ている。

「・・・だから・・・・・・、お、おまえの顔が・・・、見たい・・・って・・・」
この時・・・、俺の顔はきっとトマトよりも赤くなっていたに違いない。

泣き止むどころか、ラムの目からは一層涙が溢れてきた。
「な、何で泣くんだよ!?」
「だって・・・、うち・・・、とっても・・・、幸せで・・・・・・(泣)」
どうやら嬉し泣きのようだ。ラムの涙は止まらなかった。

ったく、オーバーなんだよな・・・
あんな言葉だけで嬉し泣きする奴なんて・・・、そうはいねえぞ・・・

俺はそんなラムが堪らなく愛しく思えた。

「ほらっ、もう泣くな。」
俺はラムを腕の中に抱き寄せた。
「あっ・・・」
普段は平気な顔で俺にベタベタするくせに、この時のラムは妙にぎこちなかった。
恥ずかしいのか、俺の胸に顔を埋めている。

優しく頭を撫でると、ラムは恥ずかしそうに顔を上げた。
涙に濡れたラムの顔は、いつにも増して魅惑的に見える。

俺は指でラムの涙を拭き、頬を優しく撫でた。
見つめ合う2人の顔が徐々に近づいていく・・・

互いの唇が重なり合った。


口づけは徐々に激しさを増していく。
互いの唇が求め合い、舌が絡み合う・・・
これ程熱い口づけを交わしたのは、2人にとって初めての経験だった。

口づけが激しくなるにつれて、俺の頭にはある思いが浮かび上がってきた。

ラムと・・・、1つに・・・・・・

ラムを抱いていた右手が、思わずラムのふくよかな胸に伸びる。
その途端、ラムは『ビクッ』と反応し、体を強張らせた。

しまったっ!!

俺は反射的にラムから身を離し、後ずさった。
「ご、ごめん・・・・・・、その・・・おまえが魅力的だったから・・・って、何言ってんだ、俺は!?
 ・・・ハハハッ・・・き、今日の俺・・・、どうかしてんだよ・・・」
頭の中は真っ白になり、完全にパニック状態だった。

ラムは真っ赤になりながらも、そんな俺を愛しそうに見つめている。
・・・そしてゆっくり首を振った。
「・・・謝る事ないっちゃよ・・・・・、うちは・・・、身も心もダーリンに捧げてるっちゃ・・・v」
俺は何も答える事ができずに、その場で固まっていた。

ラムは俺を見つめたまま、ゆっくりと近づいてきた。
「ダーリンの気持ち・・・、嬉しいっちゃ・・・v」
「い、いや・・・、その・・・」
「・・・うちも・・・、ダーリンと・・・、同じ気持ちだっちゃ・・・v」
潤んだラムの瞳に、俺は吸い込まれるような感覚を覚えた。

心臓が早鐘のように鳴っている。全身から汗が噴き出してきた。
「・・・いいのか?・・・」
ラムは静かにうなずいた。

ここまで女に言わせといて、断るなどできるはずがない。
何よりも、自分自身の気持ちをこれ以上抑える事ができなかった。

「ラムっ!!」
「あっ!!・・・ダーリン・・・・・・」

青白い光の中、2つのシルエットは1つに重なった・・・
天空に浮かぶ満月のみが、その後の二人のなりゆきを静かに見守っていた。

     *     *     *

トクン、トクン、トクン、・・・・・・
触れ合う肌から、ラムの鼓動が伝わってくる。

俺はラムの頭を撫でていた。
「寒くないか?」
「うん・・・、平気・・・」
ラムは俺の胸に顔を寄せている。


俺は幸福感に満たされていた。
・・・が、徐々に後悔に似た気持ちが湧き上がってきた。

こんな事になっちまって・・・、俺達本当によかったのか?
・・・ラム・・・、おまえは・・・、本当にこれでよかったのかよ?

俺は何も話す事ができず、沈黙が続いた・・・

「・・・ダー・・・リン・・・」
「な、何だ?」
・・・・・・返事がない。
「ラム?」
「・・・zzz・・・」
いつの間にか、ラムは眠っていた。

とても安心しきった、幸せそうな寝顔だ。
その顔を見て、俺は少し安心できた。

「おやすみ・・・、ラム・・・」

     *     *     *

「あたる〜、起きなさいよ〜。」
遠くから母さんの声が聞こえてきた。
「ん・・・もう少し・・・zzz」
俺は布団を被ろうとした。
その瞬間・・・

「・・・ん?・・・うわっ!!」
自分が素っ裸である事に気づき、一気に目が覚めてしまった。
同時にゆうべの出来事が思い浮かんでくる。

俺は・・・・・・、ラムと・・・・・・

その途端、頭の方へ一気に血が上ってきた。顔が火照ってたまらない。

・・・なんちゅう事を・・・・・・
そ、そうだ!!ラムは!?

辺りを見回したが、ラムの姿は見えなかった。

「あれは・・・、夢?」
寝ぼけ気味の頭で必死に考えてると、母さんが2階へ上がって来る気配がした。
「い〜加減にしなさいよ〜!!あたる〜!!」

やばいっ!!

俺はあわてて制服に着替え始めた。
「もう起きてるよ〜!!」


居間に入ると朝飯が並んでいた。やはりラムの姿は見えない。
「母さん、ラムは?」
「今日はまだ見てないわよ。」

一番早起きの母さんが見てないって事は、ゆうべラムは来てないって事か?
すると、あれは夢!?
・・・でも、夢にしてはやけにリアルな・・・


「おっはよ〜!!遅くなってゴメンちゃ!!」
ジャリテンと鞄を抱えたラムが居間に入ってきた。
「ダーリン、おはよっv」
「お、おはよう・・・」
ラムと目を合わせると、反射的に顔が赤くなってしまう。
対照的にラムの素振りは全くいつも通りだった。

な、何でおまえはそんなに冷静でいられるんだ???

しばらく横目でラムを観察し続けたが、ラムの様子は普段と少しも変わらない。

おかしいな・・・?
・・・・・・ん?待てよ・・・・・・
あっ、そうか!!ゆうべは何もなかったんだ!!
あれは全て俺の夢だったんだな・・・、何だ・・・、そうか・・・(溜息)

俺は安心して、朝飯を食べ始めた。

とは言うものの、衝撃的な夢のせいで、どうしてもラムを意識してしまう。
食べながらチラチラとラムの方を見ると、ラムのにこやかな笑顔が目に入ってきた。

う〜む、やっぱりカワイイよな。
あれが夢だったなんて・・・、ちょっと残念かも・・・

     *     *     *

「行って来まーす!!」 「お父様、お母様、行って来まーす!!」
俺達は学校へ出かけた。いつも通りの登校風景のはずだった。
ところが・・・

2人きりになった途端、ラムは急にモジモジし始めた。
「おい、どうした?」
「・・・あのね・・・、ダーリン・・・・・・」
「だから何だよ?」
「あの・・・だから・・・その・・・、ゆうべの事・・・」
「えっ!?」
思わず固まってしまった俺の顔に、ラムの顔が近づいてくる。

「・・・うち・・・、一生忘れないっちゃ・・・v」 チュッv
ラムは真っ赤になって、先に学校へ行ってしまった。


「あ、あいつ・・・」
俺は呆然とラムの後ろ姿を見つめる事しかできなかった。

・・・ゆうべの事は夢じゃなかったのか・・・!?
あいつ・・・、家族にバレないよう気を使ってたのか・・・!?

俺は今までの関係が変わってしまう事がとても怖かった。

どうすりゃいい・・・?
・・・これから先・・・、俺はラムにどう接すりゃいいんだっ!?!?

しばらくその場で悩み続けた。
・・・・・・が、答えが見つかるはずもなかった。

ええい、ままよっ!!なるようにしかならんわいっ!!

俺は腹を決めて学校へと向かった。

     *     *     *

学校に着くと、グラウンドには記憶喪失装置が埋まったままだった。
今日は授業がない代わりに、全校生徒でこの装置の撤収作業だそうだ。
全く人使いの荒い学校だ。


よく見ると、記憶喪失装置の前でラムがたたずんでいる。

俺は気を落ち着かせ、平静を装って声をかけた。
「どうしたんだ、ラム?」
「あ・・・、ダーリン・・・」
なぜか、ラムの表情は暗い。さっきの態度はどこへいったのだろう?

・・・まさか・・・ゆうべの事を気にして・・・?

ラムの言葉を聞くのが怖くて、俺の顔は緊張で強張ってくる。

「・・・この装置・・・」
「へっ?」
「もしも、これが作動してたらと思うと・・・」
ラムは心底恐ろしそうに、首を振った。
「使うつもりはなかったっちゃよ・・・・・・、けど・・・、
 ダーリンやみんなに心配かけて本当にゴメンちゃ!!」

何だ・・・、そういう事か・・・・・・
う〜ん、だいぶ責任を感じておるようだな〜。もう終わった事なのによ・・・
よしっ!!ここは1つ・・・

俺は明るく言い放った。
「気にすんなって。他の奴はともかく、俺にこんなもの効くはずないだろ。」
「えっ?」
「俺がラムの事を忘れる訳が・・・、ハッ!?」

いかん、いかん!!

調子に乗って、危うく本音が出そうになった。
まだ、ゆうべの余韻が残っているようだ。

「何で、ダーリンには効かないっちゃ!?」
ラムは目をキラキラさせながら、返事を待っている。

「そ、それはだな・・・・・・、ふざけた顔をしてるからに決まっとるだろうが。」
「え〜!そうは聞こえなかったっちゃ!」
「空耳だ、空耳。」
「絶対違うっちゃ!」
「知らん、知らん。」
「ダーリン、お願いっ!!本当の事言って〜v」
「聞こえん、聞こえん。」
「んもおーー!!ダーリンったら!!」
うっ、ラムが不機嫌になってきた・・・・・・、こりゃ、逃げるが勝ちじゃ。

「じゃ、そういう事で・・・」
「待つっちゃ!!ダーリン!!」


息を切らせながら逃げているにも関わらず、俺は非常に気分が良かった。

よかった!!いつも通りじゃ!!
うん、これが俺達らしいよな。
ラムには悪いが、やっぱりこの関係が1番だっ!!

振り向くと必死に追いかけてくるラムの姿が見える。
ラムには聞こえないようにそっと呟いた。

「たまには素直になるからさ・・・、これからもよろしくな、ラム・・・」


 END




 これは『完結篇』が上映された年(多分)に書いたものを、少々書き直したものです。
 素直な『あたる』が書いてみたくて書き始めたんですが、なぜか『あたる』と『ラム』
の初体験にまで飛躍してしまいました。(^_^;)
 私はあの『鬼ごっこ』を経験した二人はさらに絆が深まり、二人の関係も一歩大人に近
づいたんではないか、と勝手に想像しています。だから、この話みたいな事があっても、
おかしくはないだろうと・・・(言い訳)
 原作やアニメのイメージをなるべく壊さないようにオチをつけようとしたので、話の筋
に少々(かなり?)無理があるかと思います。
(「だったら、最初からこんなテーマ書くなっ!!」と言う非難が聞こえてきそうだ・・・)
 らしくない『あたる』は、鬼ごっこで意地を張りすぎ、疲れたせいだとでも解釈しても
らえばと・・・(この件に関する非難が一番きそうだ・・・)
 これを読んで気分を害されましたら、申し訳ありません。m(_ _)m
                                by エッグマン


 とっっっっってもゲロ甘い作品をありがとうございました!
「鬼ごっこで意地を張り過ぎて疲れたという解釈」、私は気に入っていますv

                              管理人 諸星雪華


(戻る)