FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

I☆Love My Sweet ダーリン♪             


今日もあたるはあちこちの女の子に声をかけていた。 
「ダーリン!!いい加減に浮気はやめるっちゃ!!」
「えーい、やかましい!ついてくるなと言っとろうが!!」
そしてあたるはラムを無視し、すたすたと歩きだした。
怒ったラムはついに電撃をあたるにくらわせた。
「ダーリンのばかーーーーっ!!!」
     どがしゃーーーーん!!!
「うぎゃああああっ!!・・・なっ、何さらすんじゃい!!」
体の回りに電気を走らせながらラムは言った。
「ダーリンはうちの婚約者だっちゃ!浮気はやめるっちゃ!」
のびていたあたるはムクリと起き、ラムの方を向いた。
「そんなんおまえが勝手に決めた事だろーが!」
「うちとダーリンは結ばれる運命だっちゃ!」
「大体なあ!おれは普通の女の子が好きなのだ!」
「普通の・・・女の子・・?」
それを聞いてラムは抑えきれない怒りを放った。
「普通じゃなくて悪かったっちゃねーーーー!!」
    ぴしゃーーーーん!!!
最後の電撃は相当なものだった。そしてラムは怒りながら家へと足を走らせた。
「くっそ〜〜〜・・。ラムのばかやろ〜〜。」
こんがり焼けているあたるもようやく起き、家へ帰った。
部屋に入ると、そこにはラムの姿ではなく、ジャリテンがいた。
「・・・おいジャリテン、ラムはどこ行ったんだ?」
「ラムちゃんは実家に帰ったで。おまえまたラムちゃんとケンカしたやろ。
 ラムちゃんかなり怒ってたでー。」
「・・・。」

    けっ・・。なんだよラムのやつ。あんなことぐらいでよー。

「しばらく帰ってこないってゆうてたで。早う仲直りせえよ。」

夜、あたるは星空を見ていた。
「ラム・・。そんなに怒ってたのか?別にいつもの事ではないか。」
「アホんだら!それでラムちゃんはいつもつらい思いしてんのやど!」
「んなこと言ったって・・・。」
「おまえ何か心当たりないんか?あそこまでラムちゃんを怒らせた理由。」
あたるはしばらく考え込んだ。
 あれはたしか・・。普通に口ゲンカしてて・・・ふつうに・・・。
「あ゛。そういえば・・・。」
「やっぱりなんかあったんやな。なんや、ゆうてみい。」

    “大体なあ!おれは普通の女の子が好きなのだ!”
「あ〜た〜る〜。おまえラムちゃんにそんなこと言うたんか?」
目の前には怒りに満ちたジャリテンの顔があった。
「い、いや、あれはな。」
笑ってごまかそうとしたあたるに炎を吹きかけた。
    ゴオ〜〜ッ!!
「なにすんじゃい!!このガキ!!」
「やかましわ!ラムちゃんを悲しませた報いや!死ねや〜〜〜っ!」
二人の戦闘は一晩中続いた・・・。    

---- 翌朝----

         キーンコーン・・・・。
あたるが教室に入るなり、面堂がやってきた。
「おい諸星、ラムさんはどうしたんだ?」
「実家に帰っとる。」
「ぬゎにぃ〜〜〜?貴様またラムさんになにかしたなあ〜〜!」
言葉を言う隙間もなく面堂は刀を振り下ろしてきた。
「くぉらっ!ちょっと待たんかい!これにはワケがあるのだ!」
思わずと言えどもあたるはそう口走ってしまった。
「ほう、なにか理由があるのならば話は早い。聞かせてもらおうか。」
「い・・・いや、その・・・。」
どう言ったらいいのか分からず、あたるは口を閉ざしてしまった。
しかし、無理矢理言わせられるのがオチであった。

「なんだとおお〜〜!?ラムさんに普通の女の子じゃないと言っただとぉ〜!?」
クラスの男子は口をそろえて言った。
「そそそ、そこまで言うとらんわい!!」
「問答無用!!おとなしくそこへなおれ!!」

★*◎#☆※£$%◇・・・・あたるは当然ボコボコにされてしまった。

「くそっ・・。えらい目にあっちまった。ったく、これと言うのもみんなラムが悪いんだ・・。」
あたるはぶすっとしながら家に帰った。
「ただいまー。」
「あら、あたる。お客様が来てるわよ。」
「お客様?誰なんだ?」
「言いたくないわ・・。」
母は溜息をついて答えた。

「なんじゃい?あれは。」
    ガラッ                                                          
「不吉じゃ!!」
部屋に入ったとたん、チェリーのアップがあたるを襲った。
   どばきいっ!!!
「いきなり何をするのじゃ!!」
「それはこっちのセリフじゃい!!アップで出るなっちゅーとろーが!!」
部屋にはサクラもいた。
「邪魔しておるぞ、諸星。」
「サックラさーん!!僕のために来てくれたんだねー!」
    みし・・・・・。
「ちがうわい!!抱きつくなっ!!」

「それにしても、なんかおれに用事でもあるの?」
「うむ。大したことではないのだが少し気になってな。」
「僕のことがー?うれしいなー!」
「ちがうゆーとろーが!おぬし、今ラムがどうしてるか分かるか?」
サクラはラムのことについて話した。
「・・・さあ。ラムは今実家に帰ってるから。ラムがどうしたのだ?」
「いやな、今日帰りにラムを見かけたから声をかけたんだが、慌てて逃げて行ったのじゃ。」
「なにか全体的に隠していたようじゃがのう。」
言ってる意味がよく分からなかったので、あたるは問い返した。
「隠すって?なにを?」
「頭とか、顔を手で覆う様にしておったのだ。」
しばらくあたるは考えてみたが、思い当たる節はなかった。
「それにしても、ラムはいつ帰ってくるのじゃ?」
サクラは話を変え、聞いた。
「・・・・・・さあ?」
「まったく、おぬしがいつもそんなだからラムも悩んでおるのだぞ。」
そして、サクラとチェリーはあたるの家を後にした。

あたるはそれからラムの事を考えていた。
  ラムのやつ・・・。一体何してるのだ。おれにも言えない事なのか?

考えているだけで、時間はどんどん過ぎていく。夜は静かに更けていった。
ラムが帰ってこなくなってから一週間、二週間、と経っていった。
「もぉろぼぉしぃ〜〜〜〜!!ラムさんなんで帰ってこないんだあ!!」
目の下にクマを作っている面堂があたるの前に現れた。
「なっななんじゃいおまえ!」
「やかましい!!おまえ知っとるのだろーが!!教えろ!!」
あたるは顔を沈めたまま、ポツリと答えた。
「・・・・・・・・・知らん。」

帰り道、あたるは力無く歩いていた。
いつも帰るときでも、どこでも一緒にいた人がいない。
あたるはとてつもなく大きい寂しさを覚えた。
「ラムの・・アホ。とっとと帰ってこんかい・・・。」
顔を下にうずめたまま、あたるは部屋に入った。
暗くてよく分からなかったけど、窓の方に月明かりに照らされている人影があった。
「ダーリン・・・?」
とても小さな声だったが、あたるにはすぐ耳に入った。
「ラ・・・ラム?ラムなのか?なんだよ、帰ってきとるんじゃないか。」
そして、電気をつけようとした瞬間、ラムは叫んだ。
「だめだっちゃ!!」
「な、なんだよ!?電気つけるのになにが悪いのだ?」
「電気・・・つけてほしくないっちゃ・・・・。」
二人はしばらく黙っていたが、あたるは気をなだめながら言った。
「と、とにかくなあ。何も見えないんじゃ分からんじゃないか!」
あたるは思い切って電気に手をさしのべた。
「っ!!」
部屋が明るくなった瞬間、あたるは目を見開いた。
そこには、髪の毛が真っ黒で、ツノが無く、人間の耳を持った
見たことのないラムの姿があった。
「ラ・・・・・ラム・・。おまえ・・。」
「うち・・・少ししかもたないけど・・・人間にしてもらったっちゃ。」
「なんでそんなこと・・・。」
「だって・・・ダーリンは普通の、人間の女の子が好きだって言ってたっちゃ。」
「おれが言った事のために・・・・?」
ラムは少し戸惑った様子だった。目の色も違うのが見られるのが嫌なのか、
あたるから顔をそむけた。
「ツノが無いから、電撃も出ないし、飛んだりもできないっちゃ。
 ダーリン、これなら・・うちの事好きになってくれるっちゃ・・?」
あたるは思わずカッとなって、ラムに向かっていった。
「お・・おまえなあ!そんなことのために何週間も帰ってこんかったのか!」
「ダーリン・・・これでもだめなんだっちゃ・・・・・?」
悲しそうな顔のラムを見て声がうわずったが、あたるは答えた。
「ば、ばか!おれはそういうことを言っとるんじゃない!別におれは
 おまえに人間になってほしいなんて思っとらんわい!・・・ただ・・。」
あたるが言葉を止めたとき、ラムも黙っていた。

   ただ・・・・なんだっちゃ?

「ダーリン・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」

「おれはな、おまえが人間なんかになるより・・・・早く帰ってきてほしかったんだ!!」
「ダーリン・・・?」
ラムはびっくりしてあたるの顔を見た。
「お、おれが言ったことのせいでラムが悩んでいたんならあやまる。だけどな・・・。」
ラムは目の前で涙を流していた。
「ホントに・・ダーリンは、うちのことをそんなに思ってくれてたっちゃ・・?」
「な、泣くな!・・・やっぱり、おまえはいつも通りでいてほしいから・・。」
そしてラムは、あたるに泣きながら抱きついた。
「ダーリン!!!うち・・・うち、うれしいっちゃ。」
「お・・おい、ラム。」
照れくさかったが、あたるはラムの背中に手を回した。
その日はあたるにとって、日常を取り戻した夜だった。

----翌朝----

いつまでたっても起きないあたるを、ラムは必死に起こしていた。
「ダーリン!いい加減起きるっちゃよ。遅刻するっちゃ。」
「ん〜〜・・・・。サクラすゎ〜〜ん・・・。」
それを聞いて、ラムはきょとん、とした。
いつもなら怒る所だけど、その時はなぜか怒るより思わず笑った。
「ほら、ダーリン。いつまで寝てるっちゃ!」
「おユキさん・・しのぶ、弁天さま、ランちゃん、竜ちゃん・・・クラマちゃん、了子ちゃ〜ん・・。」
「・・・・・・・ダ〜〜〜リ〜〜ン、いい加減に起きるっちゃ!!!」
        パリパリ・・・・ピシッ・・・ぐわしゃーーーーーーーん!!!!!

「な、ななな・・なんだ!?」
真っ黒になりながらあたるは起きた。
「ラム・・・おまえ、もう元の姿に戻っとんのか!?」
「昨日言ったっちゃよ。少しだけだって。」
「それにしても早すぎないかあ?」
「いいから、早く支度するっちゃ!ダーリン!」

「やれやれ・・。あっ。しのぶ〜!おっはよー!!」
「きゃあ!!どこ触ってんのよっ!!」
「竜ちゃ〜ん!おはよっ!」
「何しやがんでいっ!!」
いつものようにあたるは朝から女の子に声をかけまくっていた。
「ダ〜〜〜〜リン!!どうしてそうこりないっちゃーー!!!」
「わっ!やめろラム!!電撃だけはやめてくれーーー!!」
「あっ、待つっちゃ!!ダーリン!!」「ラム、もう一回人間になってくれーーー!!」
ラムは逃げるあたるを追いかけながら学校へ向かった。


(終り)


如月ユメノさんから、ダーリンvラムちゃんのゲロ甘小説を頂きましたーーっ!!
嬉しいーーっvv
「ラムちゃんってばけなげ…(涙)」と思いきや、すぐ元に戻っちゃうのがいーですね!
ユメノさん、ありがとうございましたーっ!!

  戻る